「弥生分銅の発見」講演会

[文化]「弥生分銅の発見」(第34回 誰も知らなかった古代史の会)
中尾智行氏(府立弥生博物館学芸員)講演会


↑「計量は文明の母である」
「弥生分銅」の出土は、我が国の技術史を書き換える発見!
**********************************


ジブリ作品に登場?白イノシシ人気 福岡のピクニカ共和国 1/8(火) 10:54配信 西日本新聞 ピクニカ共和国で人気の白いイノシシ「ヒノマル」
 福岡県飯塚市のふれあい動物園「ピクニカ共和国」で、2019年の干支(えと)の亥(い)にちなみ白イノシシ「ヒノマル」が人気を集めている。宮崎駿監督の作品に登場するイノシシに似ており、白い毛並みに「縁起がいい」と評判だ。
 【写真】「極めて珍しい」白イノシシ人気
 ヒノマルは7歳のメス。4年前に飼い主から「体が大きくなり、病院に連れていけなくなった」と相談を受け、同園が引き取った。
 体長約1メートルだが、内気な性格で、飼育員が呼ばないとなかなか小屋から出てこない。「19年は主役の年。自分から前に出て、もっと目立ったら」と言われてもどこ吹く風。飼育員は「猪突(ちょとつ)猛進だけでなく、マイペースも大切なのかも」。

大商大「ト」・東洋民俗博物館

↓ 古今東西<猪と豚の展覧会>案内状
  (九十九黄人氏あて 昭和十(乙亥)年 年賀状)

**********************************
[歴史]大商大図書館・東洋民俗博物館
 午前中、今年初の役員会、昼食は小阪のもりやで。午後、サークル室で仮刷りの最終チェックをしたあと、大商大図書館の展示などを少々参観。




**********************************
↓4時前、近鉄「河内小阪」駅より「あやめ池」の東洋民俗博物館に向かう。約束の4時半着。九十九弓彦館長が懇切に解説をして下さった。遅い時間の訪問で申し訳ないことをしたと反省している。








↑↓
謹賀新年 昭和十二年元旦(=丁丑歳)
奈良県大軌沿線あやめ池畔 東洋民俗博物館 九十九豊勝

[EXLIBRIS(蔵書票) 牛玉宝印・牛王・生土 九十九蔵書]

多年小生主宰の左記諸会も牛歩進捗致し居り候

   日本土俗学会    富士山研究会
   児童芸術研究会   性史研究会
   日本我楽他宗奈良別院

https://bqspot.com/kansai/nara/608
https://syasin.biz/tinspo/toyominzoku/
http://papicocafe.blog.jp/17974314.html
https://blog.goo.ne.jp/nietaazuki/e/4a0d7761c7414f017c91b15f7b83a182
http://www.asahi.com/kansai/travel/kansaiisan/OSK201202080049.html

建仁寺・大双龍図

[社寺]建仁寺・大双龍図
 実際には禅居庵に参拝した15日に建仁寺を拝観したが、ブログ記載の便宜上、16日の事とした。



↓本坊入り口

↓海北友松(かいほう ゆうしょう)作・雲竜図(片側。高精細デジタル複製)

金澤翔子筆・風神雷神屏風

枯山水前庭「大雄苑」

↓法堂(はっとう)百八畳の広さの天井に描かれた大双龍図

建仁寺建仁二年(1202)栄西禅師が創建。平成十四年(2002)創建800年を記念して、<小泉淳作画伯>による法堂の天井画が制作された。

小泉淳作画伯の大双龍図制作風景の映像。二年の歳月を要したという。

建仁寺塔頭・禅居庵

[干支]建仁寺塔頭・禅居庵
↓西側入り口。冠木門の手前両脇に狛猪が一対(目ノ玉が欠か)

↓西側参道脇にまた一対。一番立派。


↓西側参道脇小舎に金属製の一頭。おみくじ容器(殻)の猪が無数に。

↓本堂の前に一対。

↓正面(南側)参道脇に威勢のいいのが一対。

↓手水舎に金属製の一頭が。 

↓本堂内の手前隅に石造(?)小型の一頭。

↓本堂内の隅の陳列ケースに玩具類の猪が多数。


↓お寺の受付で授与される経典・由緒記やグッズ類



↓山門(南側正面入り口)

京都三社巡りと「イノシシ神社」

[行楽]京都三社巡りと「イノシシ神社」
 首途八幡宮―(京都考古資料館)―晴明神社―(西陣織会館・着物ショー、くら寿司で昼食)―白峰神宮




↓「天降石」とは隕石の意味か?
 社殿を大改修した明治の中頃以前よりこの石はここに在ったと言われている。隕石である可能性は低いと思う、との梶宮司さんの談。




**********************************
↓「イノシシ神社」 
 そのあと単独で、「イノシシ神社」とも称される「護王神社」へ。この神社には、昨年9月23日(日)、今日と同じ「すこやか歩こう会」のツアーで参拝したが、今日は白と茶の二頭の猪を参拝者に公開している、という情報を得たので、行ってみることにしたのである。

↑ しかし、イノシシ神社は斯くの如き盛況で、境内に入るのに何時間待ち、というので今年の参拝はパスすることにした。
 そこで、止むをえずネット上から画像を一時拝借します。ごめんなさい。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20190111/2010002701.html
http://www.yamakujira.com/
https://bqspot.com/tokai/shizuoka/41
https://blog.goo.ne.jp/teinengoseikatukyoto/e/b93c8e67281302480f54e095e1d75ec7
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/photo/show/346012/
http://shinshizo.com/
http://shinshizo.com/2018/07/%E7%A5%9E%E4%BD%BF%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F-%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%97%E3%83%BB%E7%8C%AA/
https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1022935-d6839583-r544444732-Wake_Shrine-Kirishima_Kagoshima_Prefecture_Kyushu.html